相模原 色々 ニュース


by 取締役社長 吉田 悌(だい)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

政令市移行後、市民協働を強化

   ― 市民とともに街づくりを進めるために・・・

   行政区制の施行で緑区、中央区、南区役所に
       それぞれ附属機関として「区民会議」を設置

     出張所はまちづくりセンターに改称、「まちづくり会議」を創設

   
   相模原市は平成22年4月の政令指定都市への移行に伴い市内を三分割、「緑区」「中央区」「南区」の3区役所ごとに市民ニーズに応えながら特色を活かした街づくりを進めていく。
  
   具体的には本庁に集中している権限を区長に負託し、附属機関として「区民会議」を設置する。附属機関は地方自治法に位置づけられている機関で調査・研究、審議を行うための組織。「魅力や住みよさを高めることや地域課題の解決」「地域活動団体の支援に関すること」「その他、目標とするコミュニティ形成のために必要な事項」について話し合い施策の方向性を導き出す。
  
   会議の構成員は「公益的な活動を行う団体からの推薦」「まちづくり会議からの推薦」「住民からの公募」「学識経験者」「その他、市長が必要と認める場合」により市長からの委嘱を受けて選任される。人数は25人以内としている。
  
   また、小山、清新、横山、中央、星が丘、光が丘の本庁管区や区役所に統合される橋本、大野南出張所以外の出先機関は、津久井地域の4総合事務所を含めて「まちづくりセンター」と改称。従来の窓口業務に加え本庁や区役所との総合調整の他、「地域政策担当者」のもと「地域力」を高めるための政策形成などを行い市長や区民会議へ答申する。

   センターには、「自治会」「社会福祉協議会」「公民館」「地域協議会」関係者等からなる準備委員会で人数や構成員などを決定する「まちづくり会議」が創設される。「地域の課題解決のための総合調整」「住民意向の把握や行政への意見、要望の取りまとめ」などを行う。
[PR]
by sagamitimes | 2009-11-28 12:27 | 社会