相模原 色々 ニュース


by 取締役社長 吉田 悌(だい)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

市内2カ所目、病後児保育室を開設

  働く女性と子どもたちを応援するため
   北里病院内にキッズケアルーム「ひまわり」設置
           ー利用料は日額2000円。

   別途、医師からの利用連絡票(1600円)が必要、
      市内在住の児童の場合、700円の助成

c0203322_12451544.jpg 相模原市はこのほど、病気やけがの回復期にあり集団的な保育サービスを受けることが困難な子どもたちを対象に、通っている保育園に代わり一時的に預かる「病後児保育室」を北里大学病院内に開設した。平成15年の「ふちのべほいくえん病後児保育センター“ぽっかぽか”」に続く二カ所目。
  
  北里大学病院レジデントドミトリー2階に設置された新しい保育室の名前は「北里キッズケアルーム“ひまわり”」。常駐する看護師と保育士の確かな知識と暖かい眼差しのもとに子どもを預けることができる。市内の公立・民間保育園に通園中の生後おおむね6カ月以上のお子さんを対象にしているが、定員の6名に空きがある場合は小学生3年生まで預かるとしている。保育時間は月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時まで。
  
  施設を利用するためには、前日までにかかりつけ医等へ受診し利用連絡票の発行を受けることが必要。連絡票1件につき発行手数料1600円が掛かるが、市内在住の児童の場合はその内の700円を市が助成する。利用料は日額で2000円、食事を摂る場合は別途350円を支払う。所得税や住民税が非課税な世帯を対象に減額制度がある。お問い合せは、相模原市保育課保育園支援班まで。
  
  相模原市は、さらなる保育サービスの充実を図るため、平成26年度までに「病後児保育室」を4カ所とする方針を定めているが、「保育室」の利用料が高すぎるのではないか。保護者は日頃通っている保育園にも保育料を支払っているはずだ。保育の質とあわせて、料金面でも一体的な保育サービスの提供が必要だ。
[PR]
by sagamitimes | 2010-07-07 12:46 | 生活