相模原 色々 ニュース


by 取締役社長 吉田 悌(だい)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

都市イメージのロゴマーク決定 !!

c0203322_1533533.jpg 今年5月15日から6月末にかけて募集した、相模原市の新しいイメージコピー「潤水都市 さがみはら」のロゴデザインがこのほど、応募261作品の中から選ばれ、市議会9月定例会の加山俊夫市長による閉会あいさつを通じて公表された。
  
  最優秀賞に輝いたのはサレジオ工業高等専門学校四年の高野直輝さん(東京都世田谷区)の作品。作品は、まず、デザイン右側に右肩上がりで勢いのある葉っぱに見立てた「相模原」のイニシャル頭文字である「S」を「緑色」で描き、都市の活気と自然の優しさを表現した。さらに、その滑らかな下段曲線部分左側には「潤水」にふさわしい「水色の円(塊)」をあしらえることにより、全体として「緑が水を守り、水が緑を守る」という自然の摂理をも織り成すかたちに仕上げた秀作。「水と豊かな自然に恵まれ、市民の心が潤いに満ちた活気あふれるまち」をイメージしている。清楚で落ち着いた感じの中にも、次代を切り開いていくという力強さと鋭敏さを見事に醸し出しているのが特徴だ。

  また、ロゴデザインのサンプルとして「横レイアウト」「縦レイアウト」「正方形レイアウト」の三つを用意。女子美術大学と多摩美術大学の協力を得て、作品デザインに都市イメージのキャッチコピーである「潤水都市 さがみはら」をそれぞれバランス良くマッチングさせることで精錬されたロゴマークとして完成させた。このような企画の成功事例は、「市章」作成以来60年ぶりとなった昨年度の「はなたん」に続き3度目。今後、広報さがみはらやホームページなどに順次掲載していくとのこと。

  なお、優秀賞には東京造形大学三年・新井加菜子さん(東京都町田市)、多摩美術大学二年・石川由香さん(相模原市緑区)による2作品が選ばれた。11月20日(土)、21日(日)に開催される「さがみはら フェスタ」の中で表彰式が執り行なわれる予定。
[PR]
by sagamitimes | 2010-09-30 15:05 | 社会