相模原 色々 ニュース


by 取締役社長 吉田 悌(だい)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

23年4月から家庭的保育事業を実施

 「デフレ・スパイラル」
   厳しい経済状況で待機児童急増

  保護者に代わり第三者、
     自らの家庭等で乳幼児を養護へ 

 相模原市は平成23年4月より家庭的保育事業を開始する。保護者に代わり第三者が自らの家庭等で乳幼児への養護を行なうもの。厳しい経済状況を背景に共働き世帯が増加、それに伴い待機児童も急増したことが主な要因。担い手と利用する子どもの減少で平成16年度をもって廃止した「保育ママ」制度が事実上復活、施設整備が進まない中、保育ニーズの受け皿になることが期待されている。
 
 乳幼児への保育を主導的に行なう人は家庭的保育者と呼ばれ、保育士として実際に従事した経験があり、市内在住で65歳未満の方の中から選考、研修を経た後、その職に就くことになる。同じく「心身ともに健全であり、保育についての理解及び熱意並びに乳児及び幼児に対する豊かな愛情を有している」家庭的補助員を最低1人、指名することが義務付けられている。保育を行なう場所は自宅でも借家でかまわないが、保育専用の部屋を9.9㎡以上確保できることが要件となっている。

 保護者は、保育所保育料と同額の利用料金を市に支払う。補助員の人件費を含め家庭的保育者には、児童の数(最大3人)や保育日数に応じ月額30万円から40万円程度支払われる予定。相模原市は家庭的保育支援員を配置して専門的な助言や指導等を行なう他、公立の保育所を連携保育所として定め代替保育や集団保育の場の提供を行なう考えだ。
c0203322_1833739.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2010-12-15 18:33 | 生活