相模原 色々 ニュース


by 取締役社長 吉田 悌(だい)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

  保留床取得者を(財)首都圏不燃建築公社と旭化成ホームズに

      当初計画から2年の遅延、一部地権者に反対者も


c0203322_8273491.jpg 小田急相模原駅の再開発ビルである「ラクアル・オダサガ」建設と北口ロータリー、広場の整備を行なった、いわゆる小田急相模原駅北口「A地区」市街地再開発事業とともに、交通や物流などを円滑に進めるための都市基盤の整備とあわせて、新しい商業施設と居住環境を同時に提供することで地域経済の活性化を図ろうと、現在、計画が進められている「B地区市街地再開発事業」。地権者と民間会社が再開発組合を設立した後、組合施工のもと再開発ビルを建設、地区内に土地や家屋に対する資産がある人には再開発ビル内の床面積に対する権利と等価で交換、その他を民間会社が買い受け(保留床取得者)、マンションや商業施設として売買や賃貸を行うという第一種市街地再開発事業だ。

  地権者23名の内、再開発に反対している1名を除く22名と不動産会社の日本綜合地所とマンションデベロッパーのコスモスイニシアが保留床取得者として組合を設立し(地権者の三分の二以上の同意をもってして組合設立申請は可能)平成20年度着工、23年度竣工の運びとなっていたが、不況のあおりを受けて日本綜合地所が組合への参加を離脱。21年4月16日、保留床取得者をコスモスイニシアのみで神奈川県に対し組合設立の認可申請を行ったが同社も経営悪化の状態に陥り同年9月25日、組合参加への合意を解約した。
  
  紆余曲折を重ねる中、同11月17日、あらたに財団法人首都圏不燃建築公社と旭化成ホームズを保留床取得者として選定、組合設立への認可申請を神奈川県に対して行った。認可は平成22年度3月までに下される予定で当初の計画からは2年の遅れとなる。
  
  再開発地区は県道町田厚木線(行幸道路)と市道新戸翠ヶ丘線(サウザンロード)、市道南台30号で囲まれる0.7ha。その内の0.48haの敷地面積に地上29階地下1階の開発ビルが建てられる。総事業費は115億円で、相模原市の拠出額は周辺道路やA地区からつながる歩行者デッキ整備費の17億円。
  
  ビルは1階から3階までは商業・業務ゾーン。4階から29階までが約240世帯が入るマンションになる。地下1階には住宅用約85台、商業・業務用として25台の計110台分の駐車場。駐輪場は1階と4階に商業・業務用約340台、住宅用約440台分。平成19年度当時の計画と比べマンション戸数と駐輪場台数を増やし駐車場を少なくしたかたちだ。ラクアル・オダサガ(A地区)側の駐車場利用率の低さが影響していることが考えられる。
  
  2階ペデストリアンデッキは幅6mの通路でラクアル・オダサガと結ばれ改札口や南口へと連絡する。
  
  また、交通渋滞解消のため周辺道路が整備される。町田厚木線は18m(車道10m、両側に4mの歩道)に拡幅されサウザンロードへの右折レーンが設けられる。歩道端からビル壁までの歩道状空地は2メートルを確保。翠ヶ丘線と南台線は8m(現状は4mで整備後は車道6m。ビル側に2mの歩道と歩道状空地2m)に拡幅される。
  
  地域の活性化につながることを期待したいが、反対者がいる中での組合の設立、それ以降に行われるであろう権利返還の断行など、いくら都市再開発法により許されているからといって、憲法の定める個人の尊重、幸福追求権や財産権をどこまでの公共の福祉によって制限を加えていいものなのか。相模大野西側再開発事業のときにも起きていた問題だが、再び、考えさせられる課題も含んでいる。
c0203322_827566.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2009-12-29 08:30 | 生活
  21世紀の交流モデル都市として   
     相模原市を牽引する新たな玄関口を整備

   
c0203322_614559.jpg 外務省北米局長や参事官、法務省官房長らと、在日米軍司令部副司令官や在日米大使館公使らで組織される日米合同委員会で平成18年5月、在日米陸軍・相模総合補給廠の一部返還と共同使用区域の設定で基本合意がされたことを受け、相模原市は現在、当該地区まちづくり計画を策定している。

  返還される17haの内、15ha部分に「コミュニティー」「インタラクティブ(文化や商業、環境の相互共生)」「シティゲート」の三つのゾーンを設置。数々の商業施設の設置とあわせて新たな産業や技術、文化の発信を行い国際的な交流を生み出しながら自然環境とも共生していくという「21世紀の交流モデル都市」として、相模原市の大門にふさわしい市街地を形成するとしている。
   
  具体的には、緑に囲まれた閑静な「中高層住宅」や高齢者施設や子育て支援施設などの「保健福祉、教育施設」、会議室や宿泊施設、展示施設を備えた「国際コンベンション施設」、「行政の出先機関」、地元特産品の販売やアミューズメントや露天商などでにぎわいを演出する「商業施設」などを建設する。小田急線多摩線の唐木田駅からの延伸を想定した駅前広場・ロータリーも整備する。

  残りの2haは鉄道、道路用地として整備する。地下部を小田急多摩線延伸と駅整備のために使用。また、補給廠は現状、町田街道(八王子・町田道)と国道16号への円滑的な連絡を妨げているため、地上部分には返還・共同使用予定地と残される補給廠エリアとの間をすり抜け西門大通り、16号へとつながる道路を建設する。

  米軍側との共同使用区域とされた35haの内、返還予定地に近い側の10ha部分は、サッカーやラグビー、野球などが行える「スポーツ・レクリェーション空間」、遠い側の25haは、市民イベントや災害時の防災広場として使用する「憩いのゾーン」として整備する予定だ。

  区画整理事業、道路や駅前ロータリー、歩行者デッキを含む公共施設の整備は相模原市が負担し、商業施設や中高層住宅などは民間活力にゆだねるとしている。進出意向を示す企業10社に対しヒアリングを行ったが、税制面など、多くの優遇措置が要求されたという。

   
   返還地をいくらで買い受けるのか!?
      基地強化への対応も課題が残る

  返還は一度、財務省に対し行われる。その返還される土地をいくらで国から買い受けるのか。また、先日も、発見された焼夷弾の事前協議無しでの爆破処理が行われたが、残される補給廠内への米軍再編に伴う戦闘指揮訓練センターの設置など、米軍の身勝手さと基地強化への動きも随所に見られる。解決しなければならない問題は山積している。
c0203322_65541.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2009-12-26 06:07 | 社会
    募集は平成22年9月1日から30日まで

     公開抽選は同年10月27日を予定

   
   JR相模線下溝駅から徒歩約25分の所にある相模原市営の峰山霊園(磯部4573-2)はこのほど、霊園内に合葬式の墓所を設置することを明らかにした。市内に一年以上住んでいる方を対象に平成22年9月1日から30日までを募集期間とし、一体用120体、二体用380体の計500体分の抽選を同年10月27日に公開で行う。峰山霊園や南橋本にある柴胡が原霊園内からの改葬の申し込みは直接受け付ける。生前の応募も可能となっている。
  
   合葬式墓所は、墓地の継承に不安を感じる方や独り身の方などのお気持ちに配慮するもので相模原市が責任を持って管理を行う。一体用は9万円、二体用が18万円で支払いは一括、管理料は無い。埋葬できるものは遺骨のみで20年経過後の遺骨の返還は不可としている。
[PR]
by sagamitimes | 2009-12-15 18:06 | 生活
   大学、NPO、企業がそれぞれ専門性を発揮
    連携を深めながら創造的な概念を発信

    ―公開講座などで市民との交流も


   平成24年度中の竣工を目指して工事が進められている「相模大野駅西側再開発ビル」南棟3階の一角を利用して、(仮称)市民・大学交流センターが開設される。大学やNPO、企業が互いの持つ専門性を発揮し合い行政とも連携を図りながら公開講座等を開催する「学習教育活動」や、職場体験や機関紙作成ボランティア体験等を通じて企業家を育てる「人材育成事業」、共同研究や異分野交流を通じて文化、福祉、産業に創造的な概念を注ぎ込むための「地域発展事業」を実施する。相模原市は多様な活動を展開する「広域交流拠点」として位置づけている。
  
   施設面積は約3000㎡。相模原市がビル床所有者から月額3000から3300円/㎡の範囲で借り受ける予定。
   
   生涯学習のための教室や、職業上の専門性を高めるためや共同研究を行うための特別教室、市民と学生等が触れ合える交流サロン、日ごろの研究の成果などを発表するための展示ギャラリーが設置される。設計費は約1400万円で整備費が約5億5000万円。
c0203322_1649797.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2009-12-04 16:50 | 文化・芸術
  食品スーパー、スポーツ・カルチャーセンター、
      庭園型レストランなど出店

  幅広い世代を集客し地域発展への拠点を目指す

     ――  (仮称)市民・大学交流センターやヘルス・センターも開設


c0203322_1529567.jpg  現在、旧建物の解体作業が進められ、今12月中にもビル建設への着工が予定されている「相模大野駅西側再開発事業」。従前の建物や土地所有者などの権利を、再開発ビル内の床面積への権利と等価で変換する「第一種市街地再開発事業」だ。

   伊勢丹とグリーンホールを「商業・文化の核」、小田急線相模大野駅ビルを「商業・交通の核」、当該事業地区を「魅力づくりの核」として位置づけ、相模大野駅北口全体を回遊性のある街にするという、いわゆる「三核構想」のもと平成13年4月に都市計画が承認されたものだが、中心的な役割を担うはずであった「高島屋」の出店中止などにより、その後、紆余曲折を経て18年4月、現計画に決定された。
   
   総事業費は597億円。市の負担する額は立体駐車場や(機械式)駐輪場、周辺道路や(駅とを結ぶ)自由通路整備費など国や県からの補助金とあわせ204億6600万円。近隣地域の人たちからも魅力を感じてもらえる街を目指して「歩くのが楽しい街」「開放感あふれる環境」「気軽に立ち寄れる店」「利用者の生活パターンにあわせた商業ゾーン」を基本的なコンセプトにしている。

   総敷地面積3.1haに建てられるビルは中央を通る二層の歩行者専用通路(二階部分は駅前デッキ広場と直結)で北棟と南棟に分かれビル風にも配慮した近代的なものになっている。
 
   北棟の1階では食品スーパーが店を構えることになる。2階にはバラエティーに富んだ食を提供する「食物販ゾーン」が軒を連ねる。3階、4階には大型商業施設、5階にはスポーツ・カルチャーセンター、屋上には「ガーデンレストラン」がそれぞれ出店する。
   また、北棟西側には700台分の立体駐車場が併設され、地下1階から1階には3000台分の機械式駐輪場も設置される。北棟東側1階から4階には地元商店用として「区分店舗ゾーン」、そして、地下1階にはここにも1000台分の駐輪場が設置される。
 
   縦に二分された南棟の東側、1階から5階には商店用の「店舗ゾーン」。その上の6階から20階にはワンルーム賃貸マンション120戸。南棟西側1階、2階は店舗ゾーン。3階には(仮称)市民・大学交流センターを設置、4階には(財)ヘルス・サイエンス・センターが開設される。その上の5階か26階までは家族向け分譲マンションになる。平成24年度中の竣工を目指している。
c0203322_15291920.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2009-12-03 15:31 | 生活
   政令市移行100日前記念イベント開催で
      市民からのメッセージを募集

    ―― 「宇宙からも見晴らしがいいサガミハラ」を目指す
    
c0203322_12331249.jpg 平成22年4月1日に政令指定都市へと移行する相模原市は、現在、市内由野台のJAXA(ジャクサ)宇宙科学研究所で試験が進められ来年度中の打ち上げが予定されている金星探査機「あかつき」の本体プレートに表記されることになるメッセージを募集している。12月25日(金)必着でJAXAが全国的に行っている企画だが、同月22日(火)、相模原市が政令市移行100日前を迎えカウントダウン・イベントを開催することから、これにあわせ、市民からのメッセージを広く募集することで移行へのPRにつなげ、また、それを表記してもらうことで相模原の未来に夢や希望を膨らませていこうとするもの。メッセージはこのイベントの中でJAXA側に託される。
 
   「あかつき」(PLANET-C)は、打ち上げ後、約半年をかけて金星の周回軌道に到着し、約2年間にわたり金星の大気を調査する世界初の「惑星気象衛星」。金星の大気の運動や雲の形成過程を観測し気候の仕組みを探り、地球と比較することで地球環境の成立過程や将来についての理解を深めることができると期待されている。
  
   10月28日の政令市移行への政令交付にあわせ「見晴らしがいい都市。」宣言をした相模原市は、「宇宙からも見晴らしがいい」都市になることを目指している。詳しくは、相模原市文化国際課まで。
[PR]
by sagamitimes | 2009-12-01 12:28 | 文化・芸術