相模原 色々 ニュース


by 取締役社長 吉田 悌(だい)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

  職員の市民への対応は、一体?
  
  民間調査機関が
   「概ね基本はできている」と診断

  相模原市はこのほど、「平成21年度 窓口・電話応対診断」の結果を公表した。職員が窓口や電話で市民と接する際の実状を調査し診断することで、接遇への意識改革を行なうとともに今後の職員研修等にも反映していこうと平成19年度から行なっているもの。
  
  調査は平成21年11月24日から12月18日までの25日間、接遇研修専門の民間調査機関「(株)話し方教育センター」に委託し各部署や機関、公共施設等を対象に無作為で窓口部門15カ所、電話部門60カ所を抽出、「態度」「説明」「感じ良さ」「満足度」など20項目について行なった。いずれの場合も調査員であることを名乗らずに実施した。
  
  診断結果は窓口、電話ともに100点満点で60点以上80点未満が「基本はできている水準」を示すとされているが、相模原市では窓口69.6点(19年度69.8、20年度71.5)、電話72.9点(19年度64.6、20年度72.3)という結果になり、対象となった部署、施設においては概ね基本的な応対はできていると診断されたようだ。また、窓口では年度を追うごとに点数が上下しているが、電話では応対度が良くなってきている様子が数値の推移からうかがえる。
  
  優れていた点として両部門共通では「言葉の選び方など丁寧な言葉使い」「“どうぞよろしくお願いいたします”など応対終了時のなにげない心配り」、窓口では「質問に対する回答の迅速性」、電話では「呼び出しコール数の少なさ」「冒頭での個人名の名乗り」などが挙げられた。
  
  改善した方がよい点や取り入れたほうが望ましいこととしては、両部門共通で「“失礼ですが~~”など、出だしにビジネスフレーズを活用すること」「相手が何を聞きたいのか積極的に情報を収集する能力など、市民を思いやる力の向上を図ること」「復唱、確認の徹底」などが指摘され、窓口では「単に、あいさつ言葉を使うだけではなく、表情や言いまわしなどを創意工夫して心を込めた接し方を常に考えること」、電話では「冒頭での市役所名の名乗り(部署名から言い出す例が散見される)」「相手にわかるようにゆっくり、はっきり、すっきりと名乗ること」などが挙げられた。
  
  診断基準では80点以上が「ほぼすべての市民に満足いただける水準」とされている。市長をはじめ、副市長以下職員のさらなる努力が期待される。
[PR]
by sagamitimes | 2010-03-30 16:30 | 社会
       70万人のふるさとづくり
「人・もの・自然、すべての共生を求めて・・・」
   4月3日、4日 市役所本庁舎、さくら通り他で

津久井湖城山公園では「津久井湖さくらまつり」

c0203322_917247.jpg 今年で37回目を迎える相模原市の一大イベント「相模原市民 桜まつり」を4月3日(土)と4日(日)の二日間にわたり市役所本庁舎やさくら通りを中心に開催する。テーマの前段「70万人のふるさとづくり」という言葉に合併後の双方による心の交流が図られればという願いを込め、また、「人・もの・自然、すべての共生」という将来の相模原の都市像を後段に掲げることによって、新市が一体となって誰もが「ふるさとと想える街づくり」を進めていくという強い決意を表わしたかのようだ。

  昨年は二日間で約42万人の来場者を数えた「桜まつり」。政令指定都市として生まれ変わる今年は移行を記念して、「日本一に挑戦!人間空気イス」(4日午後12時30分から1時30分まで/受付けは午前10時から正午)を市役所交差点で開催する。

  ウェルネスさがみはら前広場では川崎・千葉・浜松・岡山の先行政令市に相模原を交え、それぞれが観光や特産品のアピールを行なう「記念コーナー」(3日午後1時から5時、4日午前10時から午後5時)、産業会館では進取の気性あふれる市内企業の製品展示「物産展」やJAXA(宇宙航空開発機構)の協力による宇宙航空技術関連の体験教室「さがみはら・子ども・未来展」(3・4日午前10時から午後5時)の他、恒例の福祉バザーや縁日広場、ごみ拾い大行進(3・4日午後5時から5時30分)なども行なう。

  また、津久井湖城山公園の水の苑地・花の苑地では3日(午前10から午後4時)、4日(午前10時から午後3時)、「津久井湖さくらまつり」を開催する。地域特産品の販売や各種ステージを行なう他、豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民的理解を深めるために毎年行なわれ、61回目を迎える今年は神奈川県全域を会場として行なわれる「全国植樹祭」のサテライト会場として位置付けられていることから「森林づくり活動団体の発表」なども開催する。
c0203322_12193441.jpg

c0203322_12195414.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2010-03-24 16:56 | 文化・芸術
  4月開始、新しい総合計画の分野別計画
     第2期障害福祉計画とも連動

  「完全参加と平等」社会の実現のために

  尊厳と人権、機会の平等、そして、誰もにふさわしい生活が保障されることの大切さをうったえ、社会全体でお互いに支え合っていこうと制定された「障害者基本法」(昭和45年法律第84号)に基づく「相模原市第2期障害者福祉計画」(平成22年から32年度まで)をこのほど、策定した。第1期は、現行の総合計画「21世紀さがみはらプラン」にあわせ10年度に策定され22年度までの期間で遂行するはずであったが、政令指定都市移行にあわせ総合計画を前倒しで刷新したことから、これとの整合性を保つために改めたもの。

  「主体性・自立性の尊重」「ノーマライゼーション及びエンパワーメント(個々を認め合いながら協力してより良い方向性を導き出す)の推進」「リハビリテーションの推進」「生活の質の向上」を理念にすべての人が安心して快適に生活できる地域社会の実現を目標に掲げている。
  
  行政が提供する身体や知的、精神的など、(誰もがそうだが)時としてひとの応援を必要とする方々への支援と負担のあり方が定められた「自立支援法」(平成17年法律第123号)に基づき利用者ニーズに適合させた政策を展開するため、成果指標(目標項目と達成度)の確認をしながら3年ごとに計画を見直すとして制定した「相模原市第2期障害福祉計画」(21年から23年度まで。第1期は18年から20年)とも連動させている。
  
  主要な課題として「権利擁護の確立に向けた取り組み」「ライフステージに沿った総合的支援」「地域福祉・在宅福祉の推進」「障害の重度化・多様化への対応」「高齢化への適応」「精神保健福祉の充実」「就労に向けた支援」「まちづくり」「家族への援助」の九つを挙げそれぞれに具体的な政策を施していく。
  
  計画期間は22年から32年度までの11カ年だが最初の5カ年を第1区分とし、以降3カ年ごとに計画を見直すことで世相を反映するとしている。
c0203322_2344324.jpg

↑↓ 互いに連動している
c0203322_235830.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2010-03-19 23:07 | 社会

消防力整備計画を策定

  安全で安心して暮らせる社会をつくるため
        消防力の強化を図る

  政令市移行で特別高度救助隊も設置へ
    計画期間は22年4月からの10年間

  相模原市はこのほど、「消防署、分署の機能強化、整備・再配置」「災害対応への新体制の構築と高度化」「火災予防体制の充実」「消防通信のデジタル化」「消防団による地域防災力の向上」などで消防力の強化を着実に図っていこうと「消防力整備計画」を策定した。

  一昨年の6月に制定した「基本構想」でおおむね20年後の都市像の一つとした「誰もが安全でいきいきと暮らせる安心・福祉都市」を実現するため計画期間を平成31年までの10カ年として定め、「消防の責務」「複雑化・多様化する災害への対応力の向上」「市民とのパートナーシップ」「より効率的な消防行政の推進」「総合性の発揮」「広域的な体制づくりの検討」という六つの基本理念のもと22年4月から開始する。

  根本的な目標である「消防力の強化」への達成度を検証するために二つの成果指標を設定している。
  
  「火災被害の軽減」では、出火した建物以外に延焼した火災件数の割合「延焼率」を16年から20年までの平均値11.8%を、15年から19年の全国平均19.0%の内、都道府県別で最も低い値を示した9.7%に抑えていくとしている。
  
  「救命率の向上」では、心肺機能が停止した傷病者の生存した割合「救命率」を17年から20年の平均値8.5%(17年から19年の全国平均は8.6%)を相模原市における過去10年間の平均伸び率0.5%を勘案し、計画後半5カ年の平均値を14.0%まで押し上げていく決意だ。

  具体的には、消防隊の出場から放水開始までの所要時間が約6.5分を超えると急激に延焼率が高まることから、これ以内に到着し、火元建築物1棟の独立火災のみで確実に消化できるよう放水を開始するため消防署・分署の再整備を行なう。救命率を向上させる上では5分以内に災害(救急)現場に到着することが欠かせないことから消防隊・救急隊を全署に配置するとともに必要に応じて兼務隊を組織する。

  政令指定都市への移行に伴い特別高度救助隊を創設するため特殊災害対応自動車1台、赤外線分光分析装置や二酸化炭素濃度などを測定する高度探査装置を新たに導入する他、消防ポンプ自動車や救急救命士が乗る高規格救急自動車、はしご車、化学消防車等の充実も図っていく。
  
  また、災害現場や消防車両の位置などを瞬時に把握する情報管理システムや119番通報迅速対応指令システムの導入など、消防救急無線のデジタル化を進めるとともに、消防団や自主防災組織の強化により市民との連携を深め、地域防災力の向上に努めていく構えだ。
c0203322_11171553.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2010-03-18 12:10 | 生活
  合併新法の特例を受けた現行52名から
    緑区12、中央区18、南区19の49名へ

  相模原市議会は、現行52名の議員定数を平成23年4月に行なわれる第17回統一地方選挙から49名とすることを決めた。昨夜未明にかけて開かれた各会派の代表者会議、議会運営委員会の中で方向性が示された。
  
  地方自治法第91条の規定では人口50万以上90万未満の場合、56名とされている。現在の相模原市の条例による議員定数は46名だが、「市町村の合併の特例等に関する法律」(合併新法)を適用し平成19年4月に行なわれた統一選では、津久井地域での選挙をそれぞれ増員選挙というかたちをとって6名、合計52名が選出されていた。

  これにより、条例定数を49に改めることになり、政令指定都市への移行後、各区ごとに行なわれる市議会議員選挙の定数配分は緑区12、中央区18、南区19となる。
  
[PR]
by sagamitimes | 2010-03-17 10:42 | 生活
  合併、そして政令市に移行
   
 地域自治区の廃止に伴い
   おしまれながら50余年の歴史に幕

  平成18年3月の津久井町と相模湖町、19年の城山町、藤野町との合併以来4年と3年の間、各地域自治区で発行を続けてきた「広報つくい」「広報さがみこ」、「広報しろやま」「広報ふじの」が3月15日、それぞれ48号、36号をもって最終号を迎えた。政令指定都市への移行にともない地域自治区制を廃止し区制を布くことからのもの。今後は、「広報さがみはら」が全市的な行政情報の提供を行ない、紙面の最終ページでは緑区の生活、文化情報等を掲載していくことになる。また、自治会館や公民館、交流センターなどで行なわれるイベント情報は各地区自治会連合会が発行する「地域情報誌」が掲載していく。
  
  町政時代からを振り返ると、それぞれ昭和34年3月、33年11月、31年1月、同31年1月の創刊と50年以上もの間、町の発展と世の中の変遷を見つめてきた広報誌であるが、静かに、その歴史の幕を閉じていった。
c0203322_17142882.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2010-03-16 17:19 | 文化・芸術
  最新技術を駆使!
   地球温暖化防止にも果敢に挑む

  処理能力は1日525トン 発電能力は旧工場の6倍で1万キロワット


  最新の技術を駆使した新南清掃工場(麻溝台1524番地3)が3月15日、本格稼動を開始する。昭和55年に建設した旧南清掃工場の一部に老朽化が見られたことや生活スタイルの移り変わりにともなうゴミ質の変化への対応、また、資源化や自然エネルギー利用など循環型の社会を形成し地球温暖化問題にも取り組もうと旧施設の真横に新設したもの。津久井地域からのゴミも受け入れる。
  
  事業費は189億9345万円。大きさは面積で47,199.1㎡、鉄骨鉄筋造りの地上6階地下1階だ。煙突の高さは実に100mを有している。流動床ガス溶融炉3基を使った焼却方式で一日の処理能力は最大で525t/日。平成19年度実績で津久井クリーンセンター(52t/304日稼動)、北清掃工場(306t/360日)、旧南清掃工場(235t/360日)であったことから新施設だけでほぼ全市分を受け入れる能力を持つ。
  
  特徴は、まず、「循環型社会への寄与」としてゴミに含まれるアルミと鉄を資源として回収する他、ゴミを溶融してできたスラグを道路用資材として使用するなど「マテリアル・リサイクル」方式をとり入れた。また、処理過程で発生する熱エネルギーにより発電を行ない(最大で10,000kW。旧工場の6倍)施設内で利用する他、余剰電力を電力会社に売電する。さらに、発生した熱を施設内の冷暖房や給湯に使用するとともに隣接する健康文化センターの温水プールや県立相模原公園内の温室に送り利用する「サーマル・リサイクル」を構築した。
  
  「地球温暖化防止・公害防止への寄与」では、太陽光や風力発電式外灯の設置など「自然エネルギー」を採用した他、最先端の省エネ技術を導入して「CO2の排出削減」や高度な排ガス処理設備などを設置して「ダイオキシン類をはじめとする有害物質の排出抑制」を図っていく。
  
  「環境教育・環境学習への寄与」では、見学者ルートの一部の壁をガラス張りにして工場内の主要機器類を見ることができるように配慮した。実物大のゴミクレーンを体感できる壁画や音声付パネルなどの学習ツールも設置。丹沢山系や周辺緑地に合わせた柔らかな曲線を描く屋根にして、周辺の景観と調和のとれた施設の外観となるよう努めたとしている。
c0203322_17361446.jpg

c0203322_17364253.jpg

[PR]
by sagamitimes | 2010-03-12 17:39 | 環境
子どもの成長を笑顔で見守ろう!

名前は「はなたん」  平成22年度版子育てガイドで初登場

c0203322_172239.jpg 核家族化がすすみ、子育てに関して一人で悩みを抱え込んでしまった「ママ」たちが増えている中、相模原市では、市民の方々に地域ぐるみで子育てを応援してもらおうと、子育て支援事業や啓発活動を行なう際にマスコット的な存在となる「イメージキャラクター」のデザインと愛称を広く募集し、このほど、選考を行い決定した。親しみやすいマスコットを登場させることで子育て奮闘中の方々に勇気をもってもらうのと同時に、誰もが気軽に応援の輪に参加できるようにと企画したもの。

  愛称は「はなたん」。デザインには、子どもたちが周りにいる人みんなから愛され、たくさんの応援、支援の輪に包まれている様子が描かれ、子どもたちが笑顔で健やかに成長していってほしいという想いが込められている。相模原市は「社会全体で子育てを支援する機運の醸成につながれば」としている。
[PR]
by sagamitimes | 2010-03-02 17:03 | 生活